ご注文後の作業の流れ

木地工程

 材料として主にゴヨウマツ、ケヤキ、ホウ等を用い、最高級品にはヒノキを用います。

 木材は乾燥が最も重要であり、完成後に狂いの箇所が生ずることのないよう、充分留意することが必要です。また、板物にはお仏壇用に特製された合板も使用されますが、狂いが生ぜず品質の安定に寄与しております。

 工程としては材料の特製を良く見たうえ、ミゾ、ホゾが充分に深く取られており、量も充分に使用されております。

 また、後年お仏壇のお洗濯(再塗装)が出来るよう、分解、組立が容易にできる工夫がなされています。このようにつくられた木地を「本組みの木地」と呼び、糊、釘、ジョイント等で簡単に組まれた量産の木地とは大きな品質の差をもっております。

彫刻工程

 

 彫刻の精密さもお仏壇の良否に大きく影響いたします。入念に彫られた上質の彫刻が少ない時代には精巧に複製されたプラスチック彫刻も使用されていましたが、近年はほとんど使われることがなくなってきました。

 材質は主に松等の木材を使用していますが、極上彫りではケヤキ、イチイ、柘植等の銘木をその木地を活かして用います。

金具工程

 仏壇には一般的に他産地のお仏壇より多くの金具が飾られております。この金具によりお仏壇本体が保護されるとともに、華麗で重厚な雰囲気が醸し出されております。

 外部金具は塗料等で着色された物より、銅・真鍮の特製を活かし、科学的に着色されたものが良い品質とされております。一般的には黒・緋色等に色付けされております。内部金具には本金メッキが充分な厚さで均一に施されていることが重要であります。

一般的な仏壇にはプレス金具(機械打ち)を使用しております。
ご要望に応じて金具職人よりオーダーメイドにて手打ち金具を製作して頂く事も可能です。
またその紋様も手打ち金具、電鋳金具、伝統的紋様の卍をあしらった金具、七宝透かしの金具等数々のオリジナル金具をご用意させていただいております。

塗り工程

 塗装は下地塗り、中塗り、上塗りの工程に分けられますが、使用される材料と工程での塗りの回数により違いが出てきます。ご存知のとおり漆のほかに代用品としてカシュー等多数の塗料が出現しておりますが、漆以上の塗料はできておりません。

1)下地塗り

 大変大事な工程で、どんなに良い材質の木地を用いてもこの工程が悪ければ、どんなに丁寧に中塗り・上塗りをしても美しい仕上がりは絶対に得られません。

 工程としては、下地塗りと研磨の工程を3~5回以上繰り返して行います。使用される下地材としてこれまで最高級品には「砥の粉」「胡粉」に漆を入れ固めたもの(サビ地)を用いました。漆は一度固まれば後に全く変化しなく、大変堅牢な下地となります。しかし、お仏壇は一般漆器に比べ大きく、部品数も多いためとても高価なものとなります。そこで漆の代わりにニカワ(ゼラチン)を入れて固めたものを用いてきました。作業性は高いのですが水気に弱いのが難点でした。

 近年になり各種の合成樹脂が塗料や接着剤として開発され、それらを用いた下地材も生まれました。自動車の鈑金塗装等にも使われる物は水分等にも強く、経年変化と堅牢さにも優れているため、お仏壇にとっても適当な下地材といえます。

2)中塗り

 上塗りをより完全なものにするために塗ります。一番良いのは中塗り漆を用い、中塗り・研磨することですが、薄く塗るためカシュー、その他の塗料でも代用することができます。下地材と良く結合し、上塗りが堅牢美麗に仕上がる材料が必要です。

 中塗りの後、中研ぎをし、細部を点検し、平滑な表面が得られるまで再び中塗り、中研ぎの工程を繰り返します。

3)仕上げ塗り

 上塗り用の漆(箔下漆、塗立漆、呂色漆)にて塗りあげます。普通は最後の塗りとなりますが、中塗りと同様にされに上塗りを繰り返して仕上げる場合もあります。

 安価品はカシュー等の代用塗料を用いて仕上げることが多いのですが、一般の方々には見分けがつきにくいため注意が必要となります。

蒔絵工程

蒔絵には「沈金蒔絵」「盛蒔絵」「平蒔絵」があります。

沈金蒔絵---沈金刀と呼ばれる道具で筋堀をして、そこに漆を塗り堀溝へ金粉等で彩色していきます。

盛蒔絵----胡粉を盛って金粉などで彩色していきます。胡粉(ごふん)とはカキ、ホタテなどの貝殻を粉砕したもの言います。

平蒔絵----金粉等を普通の筆で彩色していきます。

蒔絵見本

金箔押し工程

材質、ご要望に応じて、適切な金箔を施します。

金箔は金と銀と銅を混ぜて作ります。
銅を多く混ぜれば、金箔は赤くなります。
銀、銅の配合率で金箔を表すと四号色、三号色、二号色、一号色、五毛色に分けることができます。
断切(立切)と縁付の違いは、金を叩いて伸ばす工程の違いで分ける事が出来ます。
縁付の方が上等品です。
消粉は、金箔と水飴を混ぜて煮詰めて乾燥して作ります。高価な物となります。
最近は代用粉が出ています。

組立工程

金具、彫刻等が木地の寸法に間違いなく合っているか、金箔の押し方、塗装に悪い点はないか等、充分留意の上検査して組立てます。

金具を打ち付ける鋲(釘)も銅・真鍮製に本金メッキ等を施したものを使用し、釘からの金具の錆びをさけます。また、後日お洗濯(塗替)の際、分解修復が可能なように無用なのり、釘の使用はさけます。ミゾ、ホゾで組み立てられたお仏壇はのり、釘、接着剤等で組み立てられたお仏壇と比べ収縮、ねじれ等に対して耐久性の上で大きな差ができます。

納品、飾り付け

御掛軸及び仏像を飾らせて頂き、その後、宗派にあった仏具をお飾りして完成となります。
(写真は大谷派仏具の一例です。)

寸法確認図